読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が選択するのは、徳を積む生き方。

f:id:miyupapamama:20170216183147j:image

 

こんなに可愛いいデザートを見たときには、ついついニコニコになりますよね。

 

でも、毎日あるのは本当にいろんなこと。いろんなことに揉まれて私は生きています。

 

いろんな感情もあります。

 

でも、いつもどんな場面でも自分が選択するのは『徳を積む生き方』です。

 

やっていることは、普通のことです。

・依頼があれば、真摯に返します

・決まりがあれば、それに従います

・期日があれば、守ります

 

相手の依頼に対して100%相手の意図や気持ちも受け取って返します。

 

時間がかかる単純作業の積み重ねだったりもします。

 

効率悪くて、吐きそうな仕事もたくさんあります。

 

でも、私は、あきらめない。仕事でも、子どもの友達関係のつながりでも、苦労の先にある、何かのためにいつも100%やります。

 

ただ、それがやらされてるにならないように、自分が自分を大切に扱ってあげて、こころや体力を満たしてあげることは、大前提です。

 

自分を大切にして、周りの誰かのなにかに応えて、小さな『徳』を積んでいくこと、私の一生の課題なのかな。と思います。

 

今日はそんなことを思いながら帰る帰り道。

 

 

 

 

最終手段は園庭の真ん中で抱っこ❣️

f:id:miyupapamama:20170214121825j:image

 こんな晴天のなか、保育園で末っ子のお誕生日会が開かれました。毎年親も呼ばれます。そして会を欠席する親は、いません。正確には、欠席は、しにくい雰囲気です。

 

お誕生日会終了後の園庭遊び、長男のクラスの子ども、末っ子のクラスの子どもが私のところにやってきます。一緒に遊ぼ♪って。

 

末っ子は、遊びたいという遊びをこれやりたい、これやだ、次これ、これやだ、次これ、と数分で遊びを変更。どれをやってもお友達がついてくるので、最後には、園庭で抱っこしてみんなの様子を一緒にみるじかんになりました。

 

私は末っ子とみんなと、遊びたかったけどねー。抱っこの後はもう抱っこだけになってしまいました。

 

末っ子は、ママに私だけと遊んで欲しいアピール、なんだよね。

そして、ずっとついてくるお友達も自分をみてほしいんだよね。

 

どっちも分かるから、ちょっと迷ったけど、今日の今は、母モードな場所だし、そのためのじかんであると思い、お友達にいいました。「今日は●●ちゃんのお誕生日だから、●●ちゃんの希望通りにしてあげていいかな。」

 

話をしたら、ちゃんといつものように、お友達は遊びに行きました。

 

なかなか3番目末っ子のママ欲求を彼女のアピールなしに、満たす機会もない最近、ちゃんとじかんが取れてよかったなと思います。

 

昨年まで、だんまり、石みたいに園庭でぼーっとしていた、長男が今日は生き生きお友達と遊んでいて、1年後には、末っ子もわーってお友達の方に行ってしまうのかな、と思います。

 

自分の子どもに、その時に必要な関わりを今できること、相手が子どもであってもコミュニケーションして行くこと、私の場合は、流されるので、意識していきたい、と思います。

 

この晴天のなか、2人になるために園庭の真ん中で抱っこ❣️を選択する末っ子、健気なものです。

 

 

 

 

 

ほんとうにしたい働き方はこれだ!!

f:id:miyupapamama:20170204123121j:plain

先週末に撮影した写真を、やっとカメラからパソコンに取り込みする時間が取れました。

 

いまは、『つぼみ』に心動かされるわたしです。

子どもの保育園の0歳クラスの名前がつぼみ組、これからどんどん成長していくそんなたのしみな時期ですね。

 

今日は、家族で、農産物直売所の『かしわで』直営の農家レストラン『さんち家』へ

いってきました。

 

このお店の営業時間は、水曜日定休日 11:00-15:00 です。

料金は

おとな 1400円

小学生 900円

3歳以上の未就学児 500円

という料金設定。

 

食べ放題、飲み放題のバイキング形式のお店で、食器は返却所に自分で戻すタイプのお店です。

 

たくさんのお野菜やドレッシング、おばんざいがあり、和食がたっぷり楽しめました。

温かいお味噌汁や、さつまいもとマイタケの炊き込みご飯、おうどん、デザートもみかんやりんご、白玉あんみつなどがありました。

 

飲み物も、甘酒、ハーブティーに、麦茶に、コーヒーまで。

 

子どももバランスよくおいしく食べることができました。

 

おばさんやおじさんが切り盛りするお店なのですが、並んでいるお料理は常に補充やメンテナンスがされていて、返却所の食器は常に片付けられていて、片付けに行くと、『ありがとうございました。』と、声をかけてもらえる。

 

本当に居心地がよい素敵なお店でした。

 

ここのところ、自分が本当にしたい働き方ってどんなはたらき方??と自分に問いかけているのですが、私の場合、毎日総合職で終電まで働き、そのまま出産に至り、保育園は待機児童になり、やっと入れた遠い認証保育所が1歳児は16:30までしか預かりませんというところだったため、自動的に時短勤務を選択せざるを得ませんでした。

 

自分が本当にどう働きたいかと言われると、よくわからない。わからなかった。10年前に育休を取得した夫も、自分が復帰後はまったく今まで通り働き、送りも迎えも、私でした。(当時です。今は、送りはしています)

保育園も当たり前になんでも母である私に言ってきましたし、自動的にわたしがなんでも保育所に言われたとおり、調整しなくてはならないと思って調整してきました。

 

よくがんばったな・・・と本当に思います。育休取得した夫なのだから、全部丸投げしちゃえばよかったのにね?若かった私は全部、自分で引き受けてしまいました。要領悪い長女ですw

 

そこからはじまった時短勤務ですが、今10年をそれをやってきて、やっぱり時短勤務がいい、働ける時間だけきっちり働けるのが、よいんでないか?わたしは。という結論がではじめている最近です。

 

そんななか行った今日のお店。みんな生き生き働いていてすごく活力がある。居心地が良いお店。健康的なお店。全員時給で働いているらしいです。営業時間が昼間の時間だから、そうですよね・・それも納得です。

 

世界一子どもを育てやすいと言われているオランダは、男性も女性も全員『時給』ではたらいているらしいです。

 

もう、日本も全部がそうなればいいのに!好きな時間だけ働けて、しっかり生活できるだけのお金をだれもが得ることができて、人生の質が豊かである!!そんな日本になればいいのに!!と声を大にしていいたいです。

 

自分の働き方考えながら、そんな現場に出会い、興奮気味ですw

 

深呼吸して・・・これからのこと、かんがえよ。

 

 

 

 

 

 

あたまで考えずに感じるということ

f:id:miyupapamama:20170207120424j:image

 

私はついつい、あたまで考える癖がある。だいたい自分の思考の中でぐるぐるして毎日を過ごしています。

 

いましている仕事も、あたまで考えて、事務という仕事についています。ただ、会社を選ぶときには、めちゃめちゃ感じています。恐ろしいほど、敏感に。

 

子育てはじめてからの10年は、子育てについては、感覚、自分のことはあたまで考えていました。

 

なぜって、妊娠→出産→子育ては思い通りにいかないから。

 

自分のことを感じるのは、怖い。逃げたくなる。楽で一般的な道の方が、子育てに忙しい乳児期は色々考えなくてすんで、楽だった。

 

でも、私も人間だし、子どもたちも人間。自分の感覚がちゃんと軸を持ったものであるように、私も私の感情や感覚を扱ってあげる必要はあるんだな。

 

これが、最近の気づき。

 

感じると子どもの頃の自分にアクセスできる。ただそれは、子どもだった自分が感じた感情。

いまは、大人だから子どものときの自分を癒すことはできる。起きたことはただそれが起きた。その事実だけであるということもわかる。

 

歳を重ねて大人になれることって本当にありがたいです。

 

そして、今日のひとことは、組織のトップはビジョンを語り続けられる人なんだなぁ。という発見。

 

 

『職住接近で保育士として働きたい!立ち上げの仕事をしたい!』

今日から、都内の私立中学は、受験日ですね。

 

わたしも20数年前には、受験生で、2月1日は第一志望の受験校を受験した日でした。その前に滑り止め全部落ちたっけwそして、いつも第二志望に決まるひとです。

 

小1から塾通い、小4から毎週末日曜テスト。転校したばかりの小学校では内申のために、学級委員。勉強も、内申点確保のための学級委員をやることも、大嫌いでしたけどがんばりました。

自室で勉強していれば親に怒られないし、自分自身も落ち着いていられたので、常にこもっていましたし、言われる通りのことをしました(笑)

今となればよい思い出です。そうやって家庭の中で、自分だけの場所を確保し、生きて来たと思います。そして、今、私は幸せです。

 

今日は9年間勤務した組織のわたしの卒業が、組織として全社に発表された日でした。卒業=退職です。

 

『社会貢献したい。子どもにかかわる仕事がしたい。子どもたちに明るい未来を創っていく仕事がしたい。共感できるビジョンがある組織で働きたい。』そう思って選択した転職先でした。

 

自分が子どもを持ち、はじめて地域とつながった経験、小さな赤ちゃんに触れた経験、この得体も知れない愛らしい大切な人を育てることに責任を感じ、怖さもありました。毎日毎日その過程を記録に残さなくては忘れてしまうだろうと、写真を撮り、毎日ブログを更新しました。(←第一子のときです)自分の子どもに関する知識のなさが子育ての自信のなさにつながっていると思い、保育士の試験勉強も数年してきました。

 

もともとベンチャーで新規事業の立ち上げや、自分の成長のために100パーセント仕事にコミットする、ビジョンは社会貢献を掲げている組織で働いてきたため、今所属する組織も第二創業期で、まだベンチャー気質の時期。子育て中時短勤務でしたが、うまい具合になじみました。当時は、ベンチャー気質なのに、中の人が本当に温かくて、居心地が良くて、仕事はハードなのに、ここに来るとホッとするそんな組織でした。私自身は29歳で、子育てしていましたが、中身が子どもで、周囲の人にはご迷惑ばかりかけていたと思います。

 

中の人として、組織の良さを伝え、組織が効率よく回るように、顧客対応で、組織を支える仕事をしてきました。今も、大好きな組織です。

 

来年から2年連続で迎える小1(我が家は下の子二人が年子です)その前の下の子二人が慣れ親しんだ保育園にお世話になっている1年間、どうしても現場の仕事で新規立ち上げの仕事、且つ未経験の保育士としての実務に挑戦したいと思い、このたび、職住接近で、転職、現職を卒業することにしました。

 

『自宅の近くで思い切り、保育士として働きたい!立ち上げの仕事をしたい!』

これがやりたいことです。

 

今度行く組織は、保育園事業が全く初めて。ビジョンなし。そんな組織です。

 

わたしはいまの組織の前のビジョン『子育てと仕事そして自己実現のすべてに誰もが挑戦できるしなやかで躍動的な社会』これをじぶんビジョンとして持って、次の組織でもいつも立ち返り、子どもたちの目線で育ちを見守り、時に論理的に、時に共感し、親御さんと二人三脚、子育てをサポートしていきたいと思います。

 

ここでの9年がなければ、私は子ども3人いませんでした。今のわたしはありません。人生の満足度も低かったと思います。一緒に働いてきた同期と同僚、ワーキングマザーとしての先輩や人生の先輩が背中を見せてくれて、時に厳しく本当に心が折れたときには、母のように優しく支えてくれました。

 

あと2か月、引継ぎはもちろんですが、電話対応やあふれた顧客対応、必要な時には、最近デビューできた保育室での病児保育、できることはすべてやって卒業したいと思います。

 

実際はまだ2か月後の話ですが、皆に発表された今日2月1日が私にとってのあらたな第一歩です。

f:id:miyupapamama:20170201075344j:plain

今朝の空。これくらいの光や明るさが私には優しく、美しく感じます。

すがすがしい朝をありがとう!!

 

 

 

いろんなものをそぎ落とすとそこにあること。

f:id:miyupapamama:20170126170334j:plain

今日は新月なのね?Facebook上で次々とくる新月投稿をみて理解する。

 

土曜日、子どもたちと共に自分の意図に反して、就寝。歯も磨かずにすぐに起きるつもりで寝てしまったので、とりあえず歯磨きのために動き始める。1時半。(→虫歯になるからね・・・)

 

先日の『じぶんがどうしたいのかわからないという病』のあとも毎日は続いている。

インフルエンザで自宅で過ごした週末と違い、いつもの週末は、朝から晩まで子どもの習い事の送迎や1週間分の買い出しで瞬く間に土曜日は終わる。

 

いろいろな都度都度出てくる感情や思いについて暇さえあれば思いを巡らしているわたしですが、忙しければ、淡々とやることだけやって、疲れれば子どもと一緒に寝てしまう生活です。(起きてみたときに、私が飲もうと思って飲みかけていたけど一口しか飲んでいなかったビールとかを何らかの形で夫が片付けてくれていたりすると、とても嬉しいです♪)

 

いろいろな思いや感情を、ただありのまま受け止め、ないものをそぎ落としていくと、自分がどうしたいかということはシンプルで、『社会貢献したい。』このひとことに、落ち着きます。

 

10年前と結局なーんも変わらずおなじことを根っこに持ちながら、うまくいかなかったり、意図通りに物事が進められずに、時間があると悩んで悶々としてーを繰り返している様子。人間だからしょうがないですよね、、これは。

 

そしてここまでそぎ落とされると流れに任せていけば、いくべき方向に進むのでは~と妙に腹落ちしている自分がいるのです。

 

結局ながされてるんじゃないかい?わたし(笑)

流されないように自分の意思をコミュニケーションするんじゃなかったんかい?

 

という突っ込みは置いておいて。

 

でも、ここまでシンプルになるともう本当に、なにもない。

『社会貢献したい』ただそれだけ。

 

だから、ながれに任せながらも自分をいたわり、大切に大切に毎日小さな選択を繰り返していきたいと思います(押忍←最後だけ体育会系。)

『自分がどうしたいのか、わからない。』という病

最近気づいたわたしの課題。

 

まいにちまいにち、いろんなことに1年中悩んでいるわたくし(笑)

・こそだてのこと

・保育園のこと

・小学校のこと

・しごとのこと

・家庭のこと

・かぞくのこと

 

その大半は

『じぶんがどうしたいのか、わからない』

根っこにこれがあります。

 

どうしたいのか、わからないと、

・コミュニケーションしない

・発言力の強い人や状況に流される

・自分の考えや思いをつたえられない

 

もやもや・・・(悩)悪循環。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

・コミュニケーションする

・流されない

・自分の意思を伝える

 

この3つが必要だということを、コーチングで学びました。

 

でも、自分がどうしたいかなんて、わからないんですよねー。考えたって出てこない。気づくとドツボにはまっているのがいつものパターン。アリジゴクに落っこちて、逆さまになって足ばたばたしているあの感じ?(笑)そして、とっても苦しいです。

 

もやもやしている物事に対して、これだけは嫌だということなら出てくるから、それをだしたうえで、じゃあ、自分は本当はどうしたいの?と聞いてみたほうが、私の場合は出てきやすい。

 

誰かのせいになっては、ひとのことだから、どうにも変えられない。自分のことは自分で解決!行動あるのみです。

 

どうしたいかわかったら、

Let's

・コミュニケーションする

・流されない

・自分の意思を伝える

 

がんばろう。←まずは、じぶんがじぶんの応援団にならなくてはね。

 

f:id:miyupapamama:20170124180324j:plain