マイナス感情を認めてあげる。

f:id:miyupapamama:20170909223639j:image

 

生活スタイルが変わり二週間。新しく行くようになった街での光景をみていて、ふと思ったことがある。毎朝オフィス近くの保育園から散歩車に子どもたちを乗せてお散歩に行く保育者と子どもたちをみながら、そして1歳くらいの女の子と一緒に歩くお母さんをみて。

 

自分の中に長い間、引っかかっていたことに気づいた瞬間があった。

 

私は、第一子のときの育休復帰、本当はしたくなかった。あのときは、第一子と一緒に毎日をただただ過ごしたかったのだ。と。

 

一緒にいたい、その気持ちをないことにして、希望していないやっと入れた保育園に子どもを預けた。復帰前のあのタイミングにもう一度戻ることができたら、そしてそのとき、理性あるメンタルをもてていたら、違う選択をしていただろうと思ったのです。

 

第一子のときは、ただ本当に可愛くて、いま、その子と一緒にいたくて仕方なかった。うまく子育ても家事もできなかったくせに、本当にただそんな思いだったのだということに気づきました。育休中は毎日楽しかった。たぶん今までの人生で一番キラキラしてた。

 

そして、私は仕事が大好きだし、これまで所属していた組織はどこも大好きだし、働かなきゃ自分の存在価値はないと思っていた。

 

あの時には、もうもどれないけど、10年前のあの気持ちを受け入れることで、自分の子育てと仕事としての保育を切り分けて考えることができるかもしれないな、といま、思っています。(切り分けできず、胸が痛くてやりきれなかった。)

 

保育士の仕事にも未練はある。あのとき、立ち上げはやりきったけど、現場をどうしてもやり続けることはできなかった、くやしさもある。

 

いまは、そんな自分の気持ちを認めて受け入れて、また次の一日を迎えようと思います。

 

このところお腹の調子が悪く、一週間以上ずっとトイレがないところには行けない状態。受診して、過敏性腸症候群のクスリが処方された。

 

15年前の仕事で臨床試験コールセンターで関わりのあったお薬が世の中に出て、今、私の症状を和らげてくれている。

 

新しい職種、職場、求職中は二カ月後には子どもは、保育園退園になる状況をここ半年過ごしていて、ストレスないはずがないのに、「勤務時間短いから大丈夫」とか、「派遣だから大丈夫」とか無理やり自分が大丈夫であるという理由をくっつけて、「私はストレスなんてないし、ちゃんとやれているから大丈夫」と、ストレスは一切ないことにして、外では気丈に振る舞っている。ここでは、体がアラーム出してくれて気づいたのでした。

 

マイナス感情をないことにするのは、本当に危険です。あってもいいのだから、そこにある、いることを認めて前に進まなくては、心の底から、望んでいる自分に、本当には一歩も、近くことはできないのだと知りました。

 

 そして、マイナス感情は一瞬にしてないものにされていて自分の中では気づくか気づかないか神一重です。それくらい自分の人生ではあってはならぬものとして、隠して味わないようにして生きてきたものです。これまでの自分をヨシヨシして、こまめに聞いてあげようと思います。

 

今日からは、マイナス感情もある自分を見ながら、1日1日を温かく過ごしていく人生にしていきたい思います。

 

体を温めたり、運動したりして労ってあげることもしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生はじめての夏休みの終わりを控えて

f:id:miyupapamama:20170827023544j:image

 

0822 保育園に自営業届けをだした。

これから副業として、写真の道を歩んで行くことを決めた。対象は新生児から9つまでの子どもたち。自然の中(みどり)や優しい光がはいる明るい、白や木目を基調とした背景でナチュラルな子どもの表情を残したい。

それが、私の目指す道だ。

 

派遣で都内で働きつつ、ずっと絶対にやって行きたくて変わらないこと、写真、子どもに関わることをやって行くことを決めた。

 

超絶慎重で、本当の目的以外に、二つ以上(なぜか)別のところに目的がないと動けなかった私。

 

子どもたちの真剣な眼差し

親子の笑顔

心から安心して委ねている表情

 

ひとりひとりの気持ちに寄り添い、それを写真に残したい。後でじっくり振り返って涙が出るような写真を撮りたい。

 

 

重たいカメラに慣れ、身近な赤ちゃんや子どもたちを撮影させてもらい、今しかできないことを分刻みで毎日、子育てしながら26日間やりました。自分が愛されるためにこの世に生まれてきたことを再確認し、子どもたちとの日常を過ごし、子育て支援を丸9年仕事にし、さらに保育士資格を取得し、現場に入り、自分の、社会にいる子どもたちへの愛は並み大抵なものではないのだと、これまでの世界と離れてみて知ることもできました。

 

自分の第一子を出産して初めて、この世界を知り、子どもが好きだとわかってから10年が経過しています。そろそろ、本当に自分が子ども好きだということを認めることにします。

 

可愛いい可愛いい子どもたちの今、大切に写真に残すことに貢献していくことを約束します😊

 

今日は子どもたちの通う保育園の夏祭り。

パパはお仕事で不在でしたが、役員の仕事もなく、子ども3人連れて今年はゆったり楽しめました。

こんなに子どもたちやママたちやパパたちと自然に楽しく関わり、あの場にいたのは保育園人生10年目にしてはじめてだったと思います。

 

f:id:miyupapamama:20170827031908j:image

 

これから新しい生活がはじまりますが、静かに日常としてスタートしていけそうです。

穏やかに優しく毎日を過ごしていきます😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番大切なのは、自分が自分のことを好きでいること

f:id:miyupapamama:20170821234343j:image

 

8月1日から人生初めての夏休みを過ごしています。

 

長女の小学校部活朝練なし。塾なし。

自分の仕事なし。

長男次女は9時-16時保育園。

0歳児の赤ちゃんなし。

受験勉強なし。

 

という20日間が終わろうとしています。

 

10日までは疲れすぎているのに、やらねばらないことがたくさんあり、それらを消化し、現状復帰のため毎日を過ごしました。あとの10日は、帰省したり友達に会ったり、欲しいものを手にいれたり、会いたい人に会ったり、子どもたちの要望に応えたりしていました。

 

また28日からは、平日週5時短でお仕事します。

 

残りの夏休みは、あと6日です。正確には、長女の色々が明朝からはじまるので、夏休みではないのですがね。

 

自分が好きなものや心地よいものがなになのか?探ることを半年くらいやってきたけれど、

絶対これだ!というものが出てこなかった私です。

 

何故でてこないのか?

それは、『自分が自分のことを好きじゃなかったから。』⇨『心底から楽しめないから。』ということに、やっと気がつきました^ ^

 

ずっと子育て支援NPOや保育や、女性の健康や美容、新薬の開発のサポートのサポートなど、誰かの役に立つ仕事しかしていなくて、他の誰よりも『ありがとう』と言われる仕事をしてきているのに、自分の家族や子どもたちも『ママ、ママ』『ママ、今日はありがとう』と言ってくれるのに、毎日疲れ果てていてどこか楽しめなくて、受け取れなくて、消化不良気味なのは『自分が自分にありがとうと言えてないから』だと思い至りました。

 

『一つ一つの選択を自分のためにする』これがやっているつもりでも、本当には、できていなかったのだと思います。

 

中間子の両親の元で、核家族で、第一子長女として育ちました。

 

重厚な殻で自分を守り、自己否定をし続けてきたなと思います。親が自立し、夫婦関係に子どもとして関与しなくてもよくなったいま、『私はどうしたいの?』を一つ一つ問い、大好きな人(大好きな自分)のために選択していきたいと思います。

 

今は9時-16時の保育園への子どもの送迎で、育休ママたちに2ヶ月とか7ヶ月の赤ちゃんを抱っこさせてもらって幸せな日々です。

 

赤ちゃん大好き、ママたちとのコミュニケーションも大好きなのです。

家事が苦手じゃなければ、産後ドゥーラさんにも憧れます。私が大好きな私なら、目指せると思います❤︎

 

そして、これまで核家族で、夫婦で子ども3人、大人の目が届かない時間を一切作らず、子育てしてきている自分に労いとありがとうと感謝します。

 

ありがとう、私。38年間ありがとう。子育て10年間ありがとう。

 

 

 

 

 

 

母と居るだけで落ち着く子どもたち

f:id:miyupapamama:20170723145452j:image

 

久しぶりに日記の更新です。

今月は6連勤あり、自分の中で色んな変化を消化しながら、なんとか生きてる。そんな毎日です。

 

2週間前から夏風邪?をひき、声がちゃんと出ない、夜は咳が止まらないです。

週末は先週の連休も完全ダウン。今週も最低限の子どものことのみ実施して(発表会と歯医者)その他の時間は、お腹も下してダウンしています。

 

でも、平日仕事には行って100%、何事もなかったかのようにやっています。子どもたちや保護者との関係性もとても良くて、別れを惜しむ気持ちを持ちつつ癒されてます。明日も吐きそうでも、倒れそうでも、

それを表には出さずに栄養ドリンクを駅のホームで飲み、出勤するのです。

 

私の中で働くってことは、そういうこと。やっと振り絞って病院いきたいから遅刻したいと自分の担任業務がない時間に申し出ても、人が足りないから出勤してほしいと言われ、次のおやすみがくるまでがんばるのです。

 

母がこんな状態だと夫と子どもたちもがんばります。他の家族はみんな元気です。

 

ただ、年中組、年長組の末っ子次女と長男はママと、でないとぐずります。

 

長女のことで母が下の子なしで、対応したいときもパパよりも二人はママといたいと大ぐずりです。

 

長女はそれをよく理解していてパパと出かけます。そして、下の子二人は、ママとさえ居れれば、何にもしなくてもそれでぐずらず仲良くごっこ遊びをしています。

 

何にもしなくても、一緒にいるだけで、転んで泣いていたのに泣き止むことができて、落ち着けたり、居ることさえすれば、楽しくあそべたり、こんな時期はずっと続くわけではなく、いまだけなのですよね。

 

この子どもたちの『いま』を元気に味わいつくせる自分でありたいです。

 

元気に働き、写真を納得いくまで撮りきれて、元気に子どもたちのいまを味わえる生活に、8/1から切り替えます。

 

そのために、やることはこれ。

 

✅体調壊すまで働くことを辞めます。

✅毎月10万以上の収入を得ます

✅毎週100枚の写真を撮ります

✅子どもたちのいま(3人ひとりひとりを週1回記します)

✅夫との家事分担を明確にします

✅夫と子ども周りのタスクを分担します

✅家のリビングを居心地よいスペースにします

✅土日の朝食を充実させます

 

うんうん!!これができる8月を過ごしたいと思います。イェイ✌️

 

写真は、小5林間学校用ボストンバッグ。

可愛いいスヌーピーのバッグと出会いました。お店のおばちゃんが子ども3人連れて見ていたら、小5林間用のボストンバッグよ!と、ドンピシャな案内をしてくださり、久々トキめいたお買い物でした。しかもチーパスで5%引き(笑)

最近この緑っぽい青が、私のお気に入りです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が子の歯磨きの話&写真撮影していただきました。

f:id:miyupapamama:20170625110648j:plain

 

先日自分の撮影をしていただいた。人生2度目の撮影。自分が新たな道を模索するにあたり、今現状を知る必要があると思ったため。わたしが知っている写真を通じて活躍する女性がその方に写真を撮ってもらったことで、人生が変わったと言っていた。わたしからみても全然変わった彼女を目の当たりにしてきたから、自分にもそんな力が後押しされるといいなと思った。久しぶりに再会して、写真を撮ってもらって、わたしが写真と出会う、きっかけをくれた彼女には心から感謝している。

 

まだハードな環境での勤務は続いているが、園の子どもたちは日々成長していて、感慨深い。子どもの柔軟性は本当にすごい。そして可愛い!!そして私は、毎日長時間保育の0歳の子どもたちの夕方保育を行い、0歳児の体調の急変とその対応に追われています。

 

担任の一時保育は順調で子どもと親御さんに寄り添いながら、保育や親御さん対応ができているのではないかと思っている。これから、1年の育休が終わり、待機児童となっていくご家庭が増える中で、16時までのお預かりではあるが、リフレッシュよりも就労支援の役割が増えてくるのではないかと想定している。

 

今後も、わたしは子育て支援をしていくと思うのだが、最近わが子に起きてきた変化を今日は書こうと思う。

 

長女と末っ子は7歳違い。小学校1年生のときに末っ子が0歳だった。下の子二人が年子のため、下二人にかかりっきりで、長女の歯磨きは、2年生からは、仕上げ磨きをしていない。もともとよく虫歯になる子どもだったため、歯医者にもよく通院した。小1までは、毎回母が付き添って。その頃から、3人分の耳鼻科から小児科から歯医者までの通院になるとまた大変になってきて、小2からは、パパが長女の通院担当になっている。

 

歯医者に行くと、いつもママがどうしてこないのか?次回はママがくるようにとパパが言われる。歯をみて虐待を疑っているかのような、言いよう・・・本当にうんざりだった。我が家はパパも10年前に育休を取りママよりも活躍するくらい子育てしているが、やっぱり長女の歯のときだけはどうしてお母さんが来ないのかと、言われ続けた。

 

最近やっと自分にゆとりが出てきたのか、長女が私に『歯を磨いて!』と言ってくるようになった。磨いてあげると、確かに歯が弱そうな歯が多いし、抜けそうでずっと抜けてない歯もあって、心配になる。生えてくるはずのところに歯がはえてきていないのもあるし(←これで通院しているのだが。)先週私が口内炎になっていたら、今週は長女が口内炎になっているし・・・。口内炎の薬もつけてあげて、就寝。ここ3日間の出来事だが、もう今朝には、口内炎も治っている。

 

歯磨きって、子どもの健康状態を知るには、確かに重要な役割なのだよなと思う。父親も母親も得て不得手はどんな夫婦でもあると思うけれど、私のほうが細かいことに気付けるのであれば、子ども毎、タスクごとにこれはママの担当、パパの担当と分けずに、時々、タスクを交換する日を作っていくほうが、より子どもひとりひとりがよく生きられるんじゃないかと思いました。

 

決して悪気はないし、私も夫もそれぞれ、がんばっているんだけどね・・・小5になった長女が最近のわたしをみていて、私に敢えて歯磨きを依頼してくれたことに、ありがたいと思ったのでした。

 

今回写真を撮っていただいた人柄写真家TsuguさんのHPはこちら→

東京のプロフィール写真カメラマン 人柄写心家Tsugu | 撮られるから美しくなれる憧れの自分になる方法

 

撮っていただいた写真はこち

f:id:miyupapamama:20170625100620j:plain

 

わたしに写真の世界を教えてくれた杉浦千加さんのHPはこちら→

写真で理想の未来をデザインする方法♡LIFE DESIGN PHOTO

 

撮っていただいた写真はわたしのブログのプロフィールのお写真こちらです♪

f:id:miyupapamama:20170629141312j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4時半までのおんな

f:id:miyupapamama:20170623230438j:image

 

今日は、子どものお泊まり保育説明会で16時半で早退してきました。

 

これまで、子どもが生まれてから16時半とか17時までの時短勤務をしてきました。

今は18時までのフルタイム勤務。

自分の子どもに笑顔を向けられなくなり、家事のメイン担当が夫になりつつあり、腰痛で子どもをお迎え→食事の支度→お風呂入れ、→子どもだけで留守番させ、整体に通わなくてはならない日が出てきていました。

 

自分の子どもと帰宅後一緒に料理など楽しみたいし、家事のメインは一応は私でありたいし、腰痛でも夜に子どもだけで自宅にいる時間は作りたくないし、今の働き方は難しいと判断し、最近↓決断をしました。

 

f:id:miyupapamama:20170624053621j:image

 

そんななか16時半上がりをさせてもらった今日。

 

元気でした❣️私。

 

自分の子どもに笑顔を向けられたし、ぐずぐずにもひとつずつひとりずつ向き合えた。長女の話もきけた。保育所でもママ友や今年役員引き受けてくれている方と昨年の状況を交換し、コミュニケーションとれたし、話しもできた。ニコニコできたし、家事もできた。夫にも感謝を伝えられた。

 

自分が子育てや家庭を大切にしながら働くにあたり、ちょうどよいボーダーラインが私は仕事は16時半までなのだな、と発見しました。

 

0歳児、朝早くから夕方遅くまで+土曜も保育所を利用する親御さんが、どの学年よりも多い現実。max20名の受け入れ。

 

夕方の16時半から18時、0歳さんの一踏ん張り×週5が、体力的にも気力的にも厳しいのだなぁと思います。

 

笑顔でおこさんを引き渡したい、泣いてる子は抱っこで安心する子には抱っこしたい、安心する声かけがしたい、けがや噛みつきはない状態で全員かえしたい、発熱の子はお迎えまで急な熱の上昇により、状況に変化がないか、きちんとみてあげたい、変なものを口に入れていないか、オムツは引き渡し前までに確実にきれいにしたい。やりたいことはたくさんあるけど、私の身体能力では難しいです。

 

16時半までの勤務が、家庭や笑顔になれる自分を維持しながら、はたらける私の容量みたい。

 

バリバリフルで、やっている人かっこいいと思っていたけど、わたしは16時半までのおんな なのでした。

そしてそれが、わたしにとっての豊かな人生、幸せな人生なのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

『いま』やっとわかった。『いま』を大切にするということ

f:id:miyupapamama:20170611231500j:image

 

ずっと心に引っかかっていることがある。違和感感じながら、なにもなかったかのように、そのときを過ごすこともできる。特に仕事であればあるほど、私は、できる。

 

それが私の性質で、ある種の特技だとさえ思う。

 

私は私の人生に責任を持たなくてはならない。だから、違和感感じてそれが一定期間続くのであれば、違和感あることを切り上げる選択ができる。(ということに最近気づいた)

 

違和感があるなかやり続けることが、日常であり、馴染みがある。苦しんで頑張らねばというマインドが自分に合っていると刷り込まれている。

 

でも、自分にとって今、なにが一番大切か、本心に立ち返ってみると、苦しんでがんばる、違和感があることをやり続けるのがよいかどうか、への答えが出る。答えは明確で『NO!!』

 

いま、自分が一番大切なのは、我が子の『いま』に、自分が納得いくよう関わっていくことだ。

 

仕事は、いつも大変で楽しいことをしている。

 

我が子の『いま』を大切にできる働き方、これを自分がこれまで選択し続けてきたことに今更ながら気づく。

 

いままではわかっていたような、いなかったような、でも、やっとここに辿りついたよ。

 

そして、このセリフは、夫が10年以上前に、第一子の育休を取得する際に言っていたセリフだな。

 

俺は『いま』を大切にしたいから、『いま』育休取るんだと。

 

おかげさまで、あのときは、予定していた里帰りもできなくなって大変な育児のはじまりだったけど、やっと同じスタートラインに立つことができる『いま』があることに感謝します。