読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女であるということ。

f:id:miyupapamama:20170227162804j:image

 

こんにちは。今日はおやすみをいただいてます。昨日は、いつもと反対方面の研究学園前まで行ってきました。

 

うまく説明できないから、家族にはマッサージ行ってくると言って。

 

もともと私はスピリチュアルな領域に片足突っ込んだ状態で、現職に出会いました。

 

人は皆、なにかに貢献するためにこの世に存在するということを知ってしまったから。そして魂が一番喜ぶ=自分が一番嬉しいのは、だれかやなにかに貢献することだと知っていたから。

 

そんなときに待機児童問題やら、早期退職騒動やら、病児保育問題やら、色々なことが重なり、前職を退職することになったときに、現れたのがいまの仕事でした。

ちょうど子どもに関わる仕事したいなーと思っていたところでした。

 

最近のわたしは、なんだか女であることに違和感を感じてました。

 

そろそろ出産すること以外のことで、女であるということを自覚せよ。との暗示だったのかな?となんとなく思います。

 

行った先は、おひさまサロンという場所をお借りして、なっちゃんという自己表現の学校の同期が行う「解放ワーク」。いつもありのままのその人を包むオーラや優しさを感じていました。オイルと手で体を触ることで自分の内に秘める感情を知り、いらない感情を解放していくワークです。

 

私の肌に普段触れてくるのは子どもたちと、会社の私の手のプニュプニュ具合が好きと言って触りにくる同僚だけで、あまり人肌に自分から触れることはないです。なんでだろうね?と思ったこともなかったけれど。。。それが普通だと思ってました。

 

いろんなことが出てきました。子どもの頃からトラウマになっていること、そしてさらに大人になってその事実を知って受け入れられずに、外部との接触を避けたこと。自分の殻にこもり、核家族なのにさらに自分ひとりでがんばろうとしたこと。311や子どもが小学生になり、いつも頭のなかは『心配』でいっぱいでした。『なにも起きないように』すべてのことにおいて、先を読み、防ぐための行動をしてました。

 

でも、子ども3人、すべてのことにおいてなにもおきないようにするのは、無理です。完全にキャパシティ超えてました。

 

源にあったのは、子どもが性犯罪に巻き込まれることを恐れていたということ。

女の子も男の子もそれぞれ心配しています。

 

ふぅ、、、怖くてこれまでみないように避けていたもんみちゃったよ。。これ、知ったらいまから私がやることは、なんなんだろうね?

 

でも、とりあえず子どもたちのすべてにおいて、トラブルが起こらないですむように、がんばらなくてもよくなりました。

 

肩の荷が降りました。

本日はここまで。