読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

末っ娘バースディ🍀

f:id:miyupapamama:20170222084145j:image

 

0221末っ娘が4歳になりました。

今日は風が強く、夕焼けがきれいでした。

 

第三子となる彼女は、助産院での出産が可能な予定日+7日+1日を過ぎ、朝から提携の産婦人科で出産するため各種手続きをすませ、やっとありついた昼食にうなぎを15時頃に食べ、夕方子どもたちの保育園懇談会を経て、自宅に帰宅、夕ご飯にヨシケイのハンバーグを食べさせながら、私はいつも出産でお世話になっている安産灸の戸部先生に来ていただき、自宅でお灸。

 

先生を駅まで送り、その後お風呂→破水→提携産婦人科に電話。私を知っている助産院にいた助産師さんが、たまたま当直で院長に掛け合ってくださる→希望どおり助産院で出産。日が変わる直前に生まれて来てくれました。

 

怒涛のスケジュールといろんな人がいろんな風に関わり、こちらからお願いして、家に入ってくる方もこの頃からいました。(←家に人を入れることに抵抗がある私でした)子ども2人は何とか夫婦で、もしくは夫が常に不在でも母が心をなくしてやることだけやれば、やりくりできてしまう。それを、もう完全に出来ない、無理。誰か助けて❣️言えたのが、第三子を迎えることでした。

 

動き始めるまでは可愛い😍可愛い😍で毎日過ごせましたが、動き始めたら、笑えない生活。

喋り出したらそのハチャメチャ具合にもう、ぐっちゃぐっちゃでしたが、4歳になり、育児フェーズも大変<楽しいになってきました。

 

3人連れて歩いていれば、大変ね、と誰もに声をかけてもらえました。

 

この声かけに何度救われたことか。

 

長女をよくみてくれる同級生のママや同級生のおばあちゃん、おじいちゃんにどれだけ助けられたことか。

 

長男(末っ子と年子)を、育休中もいつも笑顔で迎えてくれた保育園の先生方にどれだけ助けられたことか。

 

末っ子の誕生により、完全長女な私が、様々な方の助けを得てここまで子育てできました。

 

どれもこれも末っ子の誕生なしには、得られないことでした。

 

新しい世界を私にみせてくれてありがとう。

いつも元気におもしろいことしたり、ぐずったりして笑わせてくれたり怒らせてくれてありがとう。

 

ここからは、私の知らないところで子どもたちがお世話になることも増えるだろうと思います。

 

自分の子に愛情を注ぎながらも、地域の子どもたちの成長を見守る大人に、なっていきたいな🍀そのためになにをするか、考えて行動に落としていきたいな、と思います。

 

いつものお誕生日に増して感慨深い、いつも通りの1日でした。

 

お誕生日おめでとう🎂